FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMG_0001

Category : 未分類
さて、写真についてをだらだらと語ろうと思い動き始めたこのブログ。
まず間違いなく途中で飽きるであろうという強気なタイトル設定で再スタートです。

まず第一回目は、今現在のスタンスについて。
写真は「記録」の保存ではなく「記憶」を保存する為のツールだと考えている。
真実を写す、ではなく心を写す、いわば「写心」とでも言うべきものが、
自分の目指す写真表現にしっくりくる表記だと思う。


だからいつの間にか、
「写真を撮りに何処かへ行きたい」
と思うようになっていた事に危機感を覚えた。
それでは目的と手段が逆になっているではないかと。

心に残る何かがあったからシャッターを切るのではなく、
ただシャッターを切ってそれを自分好みに調整する。
それではいつまで経っても目指すところへは辿り着かない。
それは単なる記録、あるいは「絵」でしかない。

勿論、カメラを手にした当初から、
「カメラは描く事の出来ない自分にとっての絵筆である」
と嘯いてきたし、それは揺るぎのない事実だとも思う。
しかしながら、写真という現実に縛られた表現方法で、
絵筆と同じように何かを描こうとしても勝負にならないのは明白である。
写真には表現に限界があり、絵にはそれが無い。


だったら、写真でしか捉えられないものを捉えるしかない。
ただ現段階では、それは多分空気感とか臨場感とか呼ばれるものなんだろうな、と
漠然と考えているだけに過ぎない。
今はまだ、この手に絵を超えるだけの術は無い。
それが、とても歯痒い。


今後やらなければいけない事は、まず優れた写真の模写であろう、
とこれまた漠然と考えている。
まぁ写真の場合は表現方法の模倣になるのであろうが。

それは多くの画家が辿ってきた道で、
結局「絵」の呪縛から抜け出せていないではないかと言われればそれまでだが、
しかし絵と写真が歴史的に見ても密接に関係してきた以上はその方法が効率的なのもまた事実である。

別に写真を生業としている訳ではないが、だからこそ余計に妥協はしたくない。
仕事であれば妥協も必要だが、趣味である以上は妥協する必要が無い。
いつかは、空間に神すら写し込む「写神」を撮ってみたいと思っている。

その為に、美しいものも穢らわしいものも、色んなものを見たい。
そして色んな事を感じたいと思う。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。